にきび治療法

眞鍋かをり にきびケア

にきびケアで世界的に人気の"プロアクティブ"
にきびケアでは日本でもアメリカでも売り上げNO1なんです。

ジェシカ・シンプソンやアカデミー賞受賞女優のバネッサ・ウィリアムズも愛用してます。

日本では眞鍋かをりさんが愛用し、最近ほんとうにキレイになりましたよね♪

やらせじゃなくってほんとにプロアクティブのおかげだそうです。 


眞鍋かをりのCMを見る限り、以前に比べてとても肌がキレイになったことが分かります。
にきびケアのポイントは、
1、皮脂や汚れをしっかり取り除くこと
2、にきびの原因 アクネ菌を増やさない

プロアクティブは、クリアスキンケアセットなるものをを1ヶ月〜4ヶ月ごと(個人で設定)に定期的に配送してくれるようなシステムもあるそうです。


さらに60日間の返金保証がついてます。
その理由としてにきびケアは効果を実感するまでにある程度時間がかかるから。
購入者にとってはすごく魅力的ですよね。


眞鍋 かをり(まなべ かをり )
日本の女性タレントで元グラビアアイドルである。
愛媛県西条市出身。身長は公称165cmだが、自身のブログ内で162cmであると書いていますね。
姓の「眞鍋」の「眞(真)」は本人の意志により旧字体の「眞」を使用しているそうです。
眞鍋かをりさんのブログはすごいアクセスがあって有名ですよね!
最近は特ダネのコメンテーターとしてもお馴染み。

さらになんと、カイヤVSニューリン様の女の戦いが注目される11・23
ハッスル・マニア(横浜アリーナ)に、「ブログの女王」と
呼ばれるタレント、眞鍋かをりが参戦する可能性が出てきたとか・・・^^;

にきび治療法

にきび治療にケミカルピーリング

にきびの治療法【光治療、ケミカルピーリングなども有効】

にきび治療としては外用薬・内服薬・光治療・ケミカルピーリングなどがあります。

外用薬としては、硫黄製剤・抗生物質含有クリームやローションがあります。
内服薬には、国内では軽症にはビタミンB2とB6が、
中等症から重症には抗生物質があります。

エーザイのチョコラBBとかが有名ですね。

抗生物質はテトラサイクリン系かマクロライド系のものがよく使用されます。

最近ではニューキノロン系の有効性も報告されています。

光治療には青色光による治療、ポルフィリン誘導体という物質を外用してから光をあてる治療(光化学療法)、レーザー治療などがあります。

ケミカルピーリングも有効で、行う施設も増えています。

光治療、ケミカルピーリング、レーザーは保険適応外治療のものが多いので、医療機関に詳しく問い合わせてから始めるとよいでしょう。


にきびが出たからすぐに薬局に行くよりは、
専門の医療機関で自分にあった治療法を見つけるほうがいいと思います。


にきび治療法

にきび治療法〜炭酸ガスレーザー

にきび治療法〜炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは、化膿したにきびの上に、
直接レーザー光線を照射し、
皮膚に針穴の10分の1 程の細い穴をあけます。


この小さな穴を通って皮膚の中に透過したレーザー光が、
毛穴の中で拡散することによって、
中で詰まったコメドやウミ・脂質をその熱エネルギーで溶解する方法です。


レーザー光には、殺菌作用もあるので、
毛穴の中からウミや皮脂を出す効果があるので、
炎症が取れ、にきびの再発を防ぐ効果があるといわれています。


レーザーに抵抗がある方は薬から始めて、
どうしてもよくならなかったら、
炭酸ガスレーザーを利用してみましょう!

にきび治療法

にきび治療法〜抗アンドロゲン療法

にきび治療法〜抗アンドロゲン療法

抗アンドロゲン療法というのは、男性ホルモンにより引き起こされた患部を
治す治療です。

これは内服薬となり、スピロノラクトンというものを数ヶ月ほど、服用することになります。

アンドロゲンは男性ホルモンですが、女性でも卵巣、副腎で産生されています。
これが過剰に分泌されると、多毛症、にきび、無月経など婦人科疾患を引き起こすことになります。
とくに月経前ににきびが悪化する、顎の周囲にできやすいなどのアダルトにきびは、このホルモンに
影響されていると言っても過言ではないでしょう。

スピロノラクトンはアンドロゲン受容体結合作用があります。
簡単に言えば鍵(ホルモン)鍵穴(受容体)とすると、鍵穴がふさがっていて、鍵があるのに
開けられないという状態になってしまうのです。

にきび治療法

にきび治療法〜トレノイチン外用薬

にきび治療法〜トレノイチン外用薬

アメリカでは、トレノイチンはにきびの第一選択薬として使用されているものです。
日本では医師の院内製剤としてのみ処方することができる外用薬となります。

これは角質を剥し、皮膚のターンオーバーを早めることで、にきびの内容物を排出させ、
皮脂の分泌を抑制する働きをします。

そのため、にきびのできにくい肌に生まれ変わることができます。

<方法>
@洗顔後皮脂を抑え酸化防止をするビタミンCローションを塗布
Aトレチノインを顔全体に塗布
B15%グリコール酸を塗布

以上を自宅で一日1から2回行い、2週間に1度診察します。
3日ほどで、にきびがぽろぽろと剥けます。
多少の赤みがありうがま、じきになくなるので心配はいりません。
化粧も可能で、治療期間は8週間ほどになります。

にきび治療法

にきび治療法〜レーザーフェイシャル

レーザーフェイシャルは、低出力のロングパルスアレキサンドライトレーザーを
顔全体に照射する方法です。
レーザー照射直前に、冷却ガスが出て照射部位を冷やすので、痛みをあまり感じることは
ありません。
そのため、通常は麻酔を行いません。(ただし、治療効果をよりだすために、冷却ガスを使わずに
照射を行うこともありので、その場合はテープ式の麻酔を行う)

このレーザーフェイシャルには、以下のような3つの効果があります。

1、レーザーの熱反応で表皮(皮フの浅い部分)の淡いしみやそばかす等を除去する。
顔全体に美白効果がある。

2、真皮(皮フの深い部分)のコラーゲンに働きかけ、活性化させる。皮膚にハリが出て、
小じわを取ったり、頬のたるみを改善させる効果がある。

3、うぶ毛(ムダ毛)の脱毛効果がある。また脂腺が小さくなり、熱による殺菌作用もあるため、
活動中のにきびにも効果を発揮する。

にきび治療法

にきび治療法〜クリアタッチ(光線治療法)

クリアタッチ(光線治療法)は、クリアタッチというフラッシュランプを使った機械による光線治療法です。



光と熱の効果によって、にきびにきび跡の赤味を
短期間で消失させる効果抜群の治療法だと
言われているものとなします。

ケミカルピーリングとクリアタッチの二つを組み合わせる事により、
重症のにきびもよく効き、
短期間での治療が可能になりました。


特に赤ニキビの治療に最適なのが「クリアタッチ」です。
赤、青の2種類の光を照射します。

赤色の光には炎症や赤みを抑える作用があり、
青色の光には皮脂線とアクネ菌にダメージを与える働きがあります。

さらにクリアタッチの光がメラニンを破壊するために、美肌効果もあります。

治療時間は1回10〜20分で、痛みもほとんどなくほんのり
温かさを感じる程度です。


クリアタッチはだいたい1回 5,000円前後です。

にきび治療法

にきび治療法〜ケミカルピーリング

にきび治療法〜ケミカルピーリング


ケミカルピーリングは、皮膚の角層を除去し皮脂を排出させる効果、
酸の力で菌を殺す効果、その他くすんで見えるメラニンを除去したり
真皮のコラーゲンを活性化させて
にきび跡を目立ちにくくする効果を表す治療法となります。

にきびには、非常に有効な治療だといわれ、
この方法を試す人たちも多くなってきているのが現状です。


ケミカルピーリングはにきび治療の他にも

・肌のクスミ
・肌荒れ
・皮膚の乾燥
・老化した皮膚
・小じわ
・肉割れ、妊娠線


などにも効果があると言われてます。

にきび治療法

にきびを治すポイント

重いにきびの人や、何度もにきびが出来てしまうという人は、
一度よくなったとしても、治療を中止するとすぐに再発してしまいます。

にきび菌は皮膚の常在菌であるため、
完全に殺菌して皮膚から消滅させることはできないので、
増殖しないようにすることが、とても大切な予防となるのです。

にきび菌は皮脂を代謝してエネルギーにしているので、
皮脂が蓄積されると出てきます。


にきびを治すポイントは、上記のようなことをしっかり抑え、それに合った処置を行うことでしょう。


体質にもよりますが、思春期の男性の場合には
ビタミンB群(チョコラBBなど)を摂取することで症状が
すっかり改善する人もいる。

こういった例のように原因が体内にある場合には、
こまめに洗顔するなどの方法で皮膚を清潔に保ったとしても
にきびの発生自体を抑える方法にはならない。

にきび治療法

にきび治療〜にきびの治療について

にきびケアに欠かせないものは、
にきび肌とも言われる肌の性質
「脂性肌」を改善することです。

この脂性肌が改善されたとき、毛穴に皮脂やアカが溜まることを防ぐことになります。

また、皮脂の過剰分泌による「油性肌」は、
生活習慣の乱れやホルモンバランスなど、
体内状況に深く関わってきますので、
にきびができるメカニズムを理解して整理しておくと
自分なりのケアを考えることができるのではないでしょうか。


思春期には一般に男性ホルモンのテストステロンが
異常な状態からの正規の水準へと移行するので、これはそれに対する反応である。

ほとんどの人では、その反応は時間がたつにつれて減少する。
そして、その結果、20代前半までにはにきびは見えなくなるか、
少なくともその数を減じる。

しかし、それがいつになるかを明確に予測することはできず、
一部の人間では、にきびで30代から40代まで、
あるいはそれ以降も苦しむ場合がある。

また粉瘤腫というほぼ同じ原因のものが身体のいずれかの場所にできる場合もあり、場所によっては切開することも必要である。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。