にきびの予防

にきび予防は洗顔と規則正しい生活習慣から

にきび予防は洗顔と規則正しい生活習慣から】

日常生活ではまずきちんと石けんで洗顔することが大事です。

皮脂が多い脂性肌の人は皮脂をきちんと落とす石けんを、
逆にかさつく乾性肌の人は皮脂を落としすぎない石けんを選択しましょう。

特に注意して欲しいのは、きちんと石けんで洗顔をしても、
石けんの洗い残しがある場合は、逆に悪化させてしまいます。

特に髪の生え際などは丁寧に洗い流しましょうね。



さらに規則正しい食事・睡眠・排便を心がけましょう。
食事では主食はもちろんですが、肉・魚・野菜・果物をバランスよくとってください。

砂糖や油の多い食品(チョコレートやケーキ)を大量に食べすぎないように
してください。

睡眠不足や便秘はにきびを悪化させるので気をつけてくださいね。

また女性の場合は、化粧品にも配慮してにきびへの影響が少ない化粧法を心がけることも大切です。


またどんなに遅く帰ってきて眠くても化粧は必ず落としましょうね。


規則正しい生活が一番のにきび予防になります。

にきびの予防

にきびの予防〜ペットを飼っている人は要注意!

にきびの予防〜ペットを飼っている人は要注意!

ペットブームもあって、家でペットを飼っているという人も多くなってきています。
しかし、この「ペット」にも、にきびを作る原因が隠されているのです。

動物には、どうしてもダニやばい菌が多く付着してしまいます。
それはどんなにペットをキレイにしても仕方のないことです。

頬ずりなどした場合は、そのダニなどを自分の顔につけている行為とも言えるでしょう。
動物に触れた後はしっかり手を洗うことも大切ですが、だからといって、「可愛がるな」と
言っているわけではないことを覚えておきましょう。

また、「毎日お風呂に入れればいい」なんて勘違いしている人もいますが、あまりお風呂に
入れ過ぎてしまうと、皮膚の弱いペットは「皮膚病」などの病気になってしまうので
やめましょう。

にきびの予防

にきびの予防〜環境汚染や職場汚染

にきびの予防〜環境汚染や職場汚染

排気ガスやホコリなどは、にきびの原因となります。

顔に汚れたものが付くということは、
肌のトラブルを招くので、当然といえば当然です。

換気の悪い倉庫などでの作業や、直接的な刺激でなくても、
ホコリなどが肌に付いた場合は
洗顔などをしてキレイに汚れを落としましょう。

普段の生活や仕事においては、なるべく、
肌に優しい環境で過ごすことが大切です。


職業柄どうしてもホコリが多いところによくいく場合は、
こまめに洗顔するように心がけましょう。


また、普段から環境汚染に気をつかっておけば、
地球環境にやさしいだけでなく、
自分の肌にもやさしいので、
環境汚染への気配りも大事ですね。

にきびの予防

にきびを刺激しないこと!

にきびを刺激しないこと!

髪の毛が顔にかかっていたりすると、
にきびができやすくなってしまいます。

また、目に見えない雑菌を触った手で顔を触ったりした場合も、
細菌が入り込んで
にきびができてしまうでしょう。

頬ずえなどの癖がある人は気をつけるようにし、
汚れたスポンジやパフ、寝具などの刺激を
なくすように心がけることも大切です。

自己流のマッサージもにきび悪化の原因となりますので、
きちんとしたマッサージ方法で
行うようにしましょう。


わたしは頬ずえの癖があったので、
授業中とかについにきびをさわってしまい、
クレーターのようなにきび跡がいまでも残ってます。(泣)

頬ずえの癖がある方は気をつけましょうね!

にきびの予防

にきびになりにくいお化粧の手入れ

にきびになりにくいお化粧の手入れ

ファンデーションやコンシーラーなどは、
油脂分が毛孔内に入り込んで毛穴を塞いでしまうので、
にきびを悪化させる原因となります。

ベタベタと塗りたくるようなやり方はせずに、
できるだけパウダーで抑える程度にすることを
オススメします。


また、化粧をしたら、その日のうちにしっかりクレンジング洗顔で
洗い流すようにしましょう。


洗わず寝たら大変なことになりますよ・・・。


特にお酒を飲みすぎて帰った日などは注意しましょうね。

お酒もにきびにはよくないですが
そのまま眠ってしまうとダブルで悪いですからね。

わたしがよくやっちゃうことなんですが^^;


黒にきびでお悩みの方に化粧品会社のスキンケアをオススメします。
にきび対策以外のお肌に関する悩みも解決してくれますよ。

サッフォ化粧品の「サッポー」という、スキンケアです。
こちらでは、スキンケアモニターを1000名募集しています。
スキンケアモニターなので、取りあえず試してみたいという方は試してみてください。


あなたの肌はもっと美しい……試してから考える納得のモニターチャンス

にきびの予防

にきびの予防 その2 タバコ、お酒、刺激物をひかえる

にきびの予防 その2 タバコ、お酒、刺激物をひかえる

お酒は「百薬の長」といいますが、
それは「適量」の場合のみ。


適量の場合、体を温めて血液の流れを良くしてくれるのですが、
飲みすぎた場合は、血圧が高くなって、皮膚が熱をもち、
にきびができやすくなってしまいます。

また、タバコは「百害あって、一利なし」と言われるように、
胃を弱らせ、肌荒れの原因へとつながっていきます。

辛いものなどの刺激物は、胃腸の粘膜に傷をつけてしまうので、
胃腸の機能が低下する結果を迎えてしまうので、
あまり摂らないようにした方が無難でしょう。


わたしはたばこは吸わないのですが、
お酒が好きでついのみすぎてしまいます^^:

さらに刺激物がものすごく好きなので困ってます・・・

にきびの予防

にきびの予防〜甘いものを食べすぎない

にきびの予防〜甘いものを食べすぎない

甘いモノを摂り過ぎると100%肌が荒れます。

体内に入った糖分は、カロリー源となって燃焼しますが、
余った糖分は体の中で脂肪となって
貯蔵されてしまうからです。

また、糖分を多量に摂るとビタミンB郡の不足を招くことになってしまい、
皮膚は脂性へと変化し、
にきびができやすくなります。

お肉などの動物性脂肪も同様です!


でもね、わかっててもお菓子はやめられないんですよね。

わたしは特にポテトチップス系が
1度食べるととまらないんですよね。

甘くないからいいかな???
いやいやポテトチップスもよくないです。


でもにきびに悪いと分かりながらも勝手に手が・・・^^;

にきびの予防

にきびの予防〜スキンケア方法・化粧品の見直し

にきびの予防〜スキンケア方法・化粧品の見直し

大人になってできるにきびは、もう「にきび」とは言われずに「吹き出物」と
呼ばれるようになります。
この吹き出物(アダルトニキビ)は、ストレスやホルモンバランスの変調によってできて
しまいます。

しかし最近では、間違ったスキンケア方法や、化粧品の選択ミスなどによって、さらに
最悪な事態に発展している傾向も増加しているようです。

ニキビ(吹出物)は傷と同じで、新陳代謝によってあたらしい皮膚が出来ることにより自然に
治っていきます。これは、言わば「自然なサイクル」なので、早く治すということは
できません。
早く治すということを考えるよりも、最初からにきびを作らないようにすることをオススメします。
間違ったスキンケア方法や化粧品選びの見直しをすることが重要でしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。