にきびの原因

にきびの3つの原因

にきびは思春期から30歳代にかけて顔・首・背中によく見られる皮膚病の1つです。

症状の軽いものから順に

白にきび(白色面皰)」、
黒にきび(黒色面皰)」、
「赤くブツブツとした盛り上がり(紅色丘疹)」、
「膿んだもの(膿疱)」、「大きく腫れたかたまり(結節・嚢腫)」
などがあります。

にきびの分類としては、面皰や膿疱が主体の「尋常性瘡」、
膿疱が主体の「膿疱性瘡」、嚢腫が主体の「嚢腫性瘡」、膿疱・結節・嚢腫が多発して集まっている「集簇性瘡」などがあります。

それぞれのタイプ別に治療方法が違います。

にきびには3つの原因が考えられています。

第一に男性ホルモンであるアンドロゲンによって、
毛穴の脂腺からでる脂(皮脂)の分泌が盛んになり、
この皮脂を栄養源とするにきび菌(アクネ桿菌)が増えます。

第2に「角質化(皮膚が生きた細胞から死んだ細胞になる過程)」が
通常よりも早くかつ強くおこると角質が毛穴をつまらせ、
毛穴内にさらに皮脂がたまります。

第3ににきび菌のリパーゼという酵素が皮脂の成分のトリグリセリドを
遊離脂肪酸に変え、白血球を誘導して炎症をおこします。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
にきび治療の薬
にきび治療の薬(外用薬)にきび治療に使う外用薬も内服薬と同様の抗生物質、ビタミン剤、それと角質の3つが主なものです。抗生物質では、ダラシンが多くの症状に適用されており、ま
ブログ名にきび治療ガイド - livedoor Blog(ブログ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。