にきびQ&A

にきびと胃腸の関係は?

にきびと胃腸の関係は?

胃腸が悪いと消化機能が減退し、消化不良を起こします。
消化機能が減退し吸収が妨げられてしまうと、「ビタミン欠乏症」を引き起こします。
ビタミンAの不足は、角質層の硬化を招きますので、皮膚は乾燥してカサカサになってしまい
ます。
この結果、角質が増殖して毛穴を塞いでしまい、にきび発症に繋がってしまいます。

また、ビタミンB2・B6の不足も皮膚が脂性に傾きますのでにきびができやすくなるでしょう。
食べすぎや飲みすぎも、それが消化される間、血液が胃に集中するため、体の末端まで血液が
行き渡りません。これは代謝機能の低下に繋がりますので、にきびが出来やすい状態になってしまいます。

胃の中に食べ物が長く存在している場合は、
胃はこれを消化しようと働き続けてしまうので
肌の張りを失わせることになってしまいます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。